B_Otaku のクルマ日記


2月1~10日←  [2022年1月21~31日]  →1月11~20日

  【姉妹ブログ情報】
  ⇒ 台湾が購入した韓国製通勤電車が7ヶ月で684件の故障
  ⇒ ヒュンダイの高級車ジェネシスに韓国製タイヤ装着を求める業界
  ⇒ 韓国与党大統領候補 選挙で負ければ無実の罪で監獄行きと発言
  ⇒ マスコミの報道 ロシアのウクライナ侵攻ってなんか胡散臭い

---------------------------------------------------------------------

2022/1/27 (Thu)  中国製小型商用EV <1>

世界的な環境詐欺による自動車の EV 化で、日本の大手宅配企業が配達用の小型商用車の EV 化に突き進んでいる。

その一つが SBC ホールディングスが採用する 1t 積みクラス小型商用 EV で、事実上は中国・東風汽車からの OEM 供給を受けたモノだ。

そしてもう一つは、佐川急便 が導入を予定している、これまた事実上は 広西汽車からの OEM で、サイズは軽自動車に適合しているようだ。

その中から、今回は 東風汽車の 1t積み商用バンを取り上げてみる。

先ずは SBC ホールディングスが発表する車両の写真を見る。

これを東風汽車の HP から似たような車種を探してみると、EC 36 というモデルがドンピシャだった。
アウターサイズは全長 4,500 x 全幅 1,680 x 全高 2,000 ㎜ 、ホイールベースは 3050 ㎜ で、これに近い国産商用車はというとトヨタ タウンエースバンで、 全長 4,065 x 全幅 1,665 x 全高 1,930 ㎜ 、ホイールベースは 2,650 ㎜ と、EC36 よりは 400 ㎜ 程短いが、概ね同クラスと言える。

こうしてみると EC36 はタウンエースバンに可なり似ている。まあ、この手のクルマは実用性重視でデザインなんて二の次だから似てしまうとも言えるが、いや、やっぱり似ている。

なおこれらは同社の HP に掲載の写真だが、以下は EC36 のベースとなるガソリンモデル、C36 の物を使用している。

リアの開口部は当然広いが、これまたタウンエースバンに似ている。

ダッシュボードは写真で見た限りでは結構まともには見える。 日本導入時は当然右ハンドルとなる。

写真は7人乗り仕様だが、日本仕様は2列目以降のシートは無く全て荷室になる筈だ。

モーターは最大出力60kW 、トルク200N-m、電池容量41.86kWh で航続距離は300km 、最高速度は 100km/h だが、街中の配送用ならこれで充分という事だろう。 ブレーキは前後共にドラムブレーキのようだが、ガソリンエンジンのモデルではフロントがディスクブレーキとなっている。EV はブレーキブースターに必要な負圧が無いために、効力の低いディスクブレーキを使わずにドラムブレーキとしているのだろうか。

EC36 の中国国内での価格は 117,900人民元 (約 213万円)で、日本での価格は 380万円というのは随分割高の気がするが‥‥。更に中華カーの信頼性や耐久性も未知数だ。 因みにガソリンエンジンとはいえタウンエース バンなら国内で約 190~230 万円であり、しかも十分過ぎる実績があるから、何やらこの EV 化は経済的に見ればデメリットが多いようにも感じる。

まあ、その辺は SBC が人柱になると考えれば良いかもしれないが‥‥。

 




2月1~10日←  [2022年1月21~31日]  →1月11~20日