B_Otaku のクルマ日記


6月21~30日←  [2022年6月11~20日]  →6月1~10日

  【姉妹ブログ情報】
  ⇒ そろそろKKの「3回目」NY州司法試験が行われるが‥‥
  ⇒ EUが2035年に内燃機関を撤廃でKバッテリーはチャンスとホルホル
  ⇒ ウクライナの過激派は黒海の掘削プラットフォームを攻撃している
  ⇒ 今年も中国では水害の季節だが妙に静かだがと思ったら‥‥何と「百年に一度の大洪水」と警戒中

--------------------------------------------------------------------

2022/6/19 (Sun)  BMW 2-Series Active Tourer (2022)

BMW の2シリーズ アクティブツアラーが FMC され2代目(U06)となった。BMW のシリーズ展開は奇数がベースで偶数がクーペ等の派生モデルであり、小さいほうから1,3,5,7シリーズがそれぞれC、D、E、Fセグメントとなり、SUV ではⅩが付く。

となれば、2シリーズは1シリーズベースのクーペとなり、実際2シリーズクーペは存在する。しかし、2シリーズにはアクティブツアラーとグランツアラーというモデルが存在し、これらは言ってみればハイトワゴンというかパースンキャリアーという面では他シリーズとは全く異なっている。

そして、1および2シリーズは BMW としては異例の FWD であるが、同じ2シリーズにはクーペも存在し、こちらは RWD という事で、これまた判り辛い。

さて、FMC された2シリーズ アクティブツアラーのエクステリアは‥‥

新型 U06 のアウターサイズは全長 4,385 x 全幅 1,825 x 全高 1,580 ㎜ 、ホイールベース 2,670㎜ で、先代 F45 の全長 4,350 x 全幅 1,800 x 全高 1,550 ㎜ 、ホイールベース 2,670㎜ とは事実上同サイズといえる。
フロントから見ての明らかな違いは、新型のグリルが最近の BMW に見られる高さの高いゴッツイものが付いている事だ。

リアは新型のコンビネーションランプが最近流行の細長い形状となっている事が最大の違いだ。とは言え、一目で新旧を判断できる人は少ないだろう。というか、その必要も無いが‥‥。

先代のダッシュボードは発売時点ですら古いタイプだったから、新型は流石に今風のデザインとなってた事で、事実上2世代進化したような状況となっている。

エンジンは 1.5L 3気筒 ガソリン 156ps/5,000rpm 230N-m/1,500-4,600rpm の 218i 、そして 2.0L 4気筒 ディーゼル 150ps/4,000rpm 360N-m/1,500-2,500rpm の 218d がラインナップされている。

新型(U06)の価格は 418 ~ 476万円で、これは先代(F45)の 437 ~ 488万円よりも 20万円程安い設定となった。

とは言え、この2シリーズ アクティブツアラーは、BMW らしいスポーティーさは無いから、当然ながら人気は無いようだ。

なお、先代モデルついては‥‥
  ⇒ 
BMW 218i Active Tourer 試乗記 (2014/12)

そしてBMW 2-Series Active Tourer (2022)の詳細については‥‥
  ⇒ https://www.netcarshow.com/bmw/2022-2-series_active_tourer/

 




6月21~30日←  [2022年6月11~20日]  →6月1~10日